Home > 固体入荷 > 繁殖期の鹿

繁殖期の鹿


繁殖期に入り鹿が動き始めました。雄は角が形成されて雌を追いかけ「フィーヨー♪ フィーヨー♪」とラットコールを奏でるようになります。聞いたことある方もいるかと思いますが秋の風物詩ですね^^ さて、繁殖期に入ると雄は雌を追うのに必死でそれまでに蓄えた脂は次第に落ちて行きます。脂と言っても皮下脂肪と内臓脂肪が多く、飼育された牛のようにサシ(赤身の中に脂肪がある)が入るというのは野性の鹿ではほぼありません。稀にそういった遺伝子を持った個体に限り細かくサシが入ることはありますが年に数頭あるかないかのプレミアムです。時期で言うと7~8月ですが雄は角がまだ未形成の状態なので行動範囲が狭く滅多に捕獲出来ません。その状況でも狙って捕獲できれば高級な肉が手に入りますがなかなかです^^;

鹿が繁殖期に入ったそんな中、本日山へ入ると・・・雄と雌とが罠に掛かってました。雄は45キロで三股の四本角ですがまだ大きな角でないので6歳ぐらい。雌も38キロで5歳ぐらい。毛は夏毛の模様は無くもう冬支度ですね


「もう脂は無いかな?」っと思い解体処理すると、雄は辛うじてという感じでした。罠に掛かった足とは反対の枝肉ですがモモにダメージがありますが、他はいい感じです。トリミングして見ないと内部の状態は分かりませんが皮下脂肪の影響で赤身も味がいいのか?


対して雌は雄ほどは脂の蓄えはないですが割りとボリューミーな感じです

 

 


Posted on 2017-09-21 | Category : 固体入荷 | | No Comments »
関連記事