Home > 未分類 > 雄鹿が取れたぞ

雄鹿が取れたぞ


9月3日午前7時6分雄鹿が取れたぞと連絡あり、早速軽トラで頂きに行く。中くらいのまずまずの雄鹿、証拠写真を撮りとんぼ返り、途中足立君に手伝いに来れるかと℡をする。(彼はお山の宿みちつじの主人で解体を手伝ってくれる大切な人です)8時30分止め刺し、上手く出血せず仕方なく頸動脈を切る。皮を剥ぎ内臓を摘出後半分に割って布を巻き冷蔵庫で保管、ここまで止め差しから40分、まだまだ無駄が多く時間がかかり過ぎる。同時にセルベル(鹿の脳ミソ)を取り出し妻に渡す、続いてタンと心臓を取り出し、後かたずけをして解体作業終了。午後は29日に解体した分の脱骨作業と、燻製の仕上げ作業で一日終了。ちなみに止め刺しの失敗はよくあることでナイフを入れる所がずれていました。
 本日、主がブログなるものを初めて書きました。これからも時々解体作業について等を思うがままに書いてみたいと思います。


Posted on 2013-09-03 | Category : 未分類 | | No Comments »
関連記事