Home > お知らせ, ブログ > 骨すき包丁の切れ味と鹿ロースの味のキレ

骨すき包丁の切れ味と鹿ロースの味のキレ

Share on Facebook

堺孝行の骨スキ角が手に入りました。早速使い勝手を試しました。向こう側が従来から使っているナイフです。解体、皮剥ぎ、骨スキと使い勝手がいいので重宝しています。手前が骨スキ、すばらしい切れ味、使い勝手はこれから馴染んでいくと思います。7月に入ると東京品川のアクタスのレストラン「SOHOLM(スーホルム)」から当工房に来ると言うのでその際使い方を指導していただこうかなんて思っています。それにしてもビール、鹿のロース、ナイフ三拍子そろっていい切れ味です。
IMG_7017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook

Posted on 2014-06-27 | Category : お知らせ, ブログ | | No Comments »
関連記事